« 中国 「打工妹」 ・ 「外来妹」 | トップページ | 読了 沙 柚 『 父の 帽子 』 »

2007年11月30日 (金)

中国語版 案内 パンフ

Sire_toko  道内を訪れる、アジアからの観光客は、数年で相当の

 伸びとなっているようです。

  そして、その多くは、韓国・台湾・香港といった地域からの

            お客様が多いようです。

Ikeda_wainn     それは、これまで、外国の方がいらっしゃることを前提に

   成り立っていなかった地域にも、多数のこうしたアジアから

   の観光客が来ていただけるようになりました。

             それに、伴いこうした方たちに向けてのサービスの遅れが

Abasiuri_kanngoku   指摘されております。それは、別に北海道だけがそう、という

  ことではなく、各地急激な変化への対応が間に合っていない、

  というこだけの話でして、いそいでやればどうと言うことはあり

            ません。

Otokoyama    アジアからのお客様が、急増してその対応がせまられている

  のは、これまで日本は外国=アメリカ(英語)と思って対応して

   きましたので、英語に合わせての対策は勿論万全ではないものの

             英語表記や、英語の話せるスタッフ要請などして参りました。

Sire_toko_2   ところが、アジアからのお客様が増えてみると、英語圏ではない

  人たちへの対応は全く考えておりませんでしたので、韓国語や

  中国語のサービスというのは、これまで考えてもおりませんでした。

  しかし、お客様ですので、そこは、サービスとして、当然必要です。

  これらの画像に映っているのは、道北地方のそれぞれの観光スポットが中国語

  で紹介されているパンフレットです。

   漸くこうした物が出来るようになった、という段階です。

   今全国でこうした流れになっています。北海道が別に先陣をきっているという

  ことはありません。むしろ少し遅れぎみなくらいでしょうか。

   自治体・企業とも力を合わせて、誘致に乗り出していますが、それならそれで

  そうしたサービスも充実させる必要があります。

   こうしたパンフを旅先で配り、その観光スポットの印象を良くしてもらうのは

  勿論のこと、これらパンフを持って帰ってもらうことが、新たな観光客を呼ぶ

  宣伝効果ともなりますから、少なからずこうしたパンフは効果があります。

   建物の表示なんかも急いで、これらに対応していこうとしているようですが、

  急いだほうが好いと思います。何せ人間、最初に来た時の印象と言うのは

  結構大切で、それが良くないと、リピーターになってもらえないのはもとより

  それぞれのお国に帰ってからの、北海道の評判を左右することになりますから。

|

« 中国 「打工妹」 ・ 「外来妹」 | トップページ | 読了 沙 柚 『 父の 帽子 』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国語版 案内 パンフ:

» 洋書一括検索 [日本・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・カナダ・中国のショッピングサイト(ヤフー、イーベイ、アマゾン)の価格比較ができます。]
洋書一括検索は国内海外のネットショップを簡単一括検索できます。(国内4、海外12の全16サイト) [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 01時27分

« 中国 「打工妹」 ・ 「外来妹」 | トップページ | 読了 沙 柚 『 父の 帽子 』 »