« 「我イ門イ両的旅遊・到西安」武藤 圭仔 | トップページ | 中日高校生交流の成功と発展を »

2007年9月20日 (木)

中国・高校生訪問団 来函

 日中友好協会と国際交流協力センターが 中国からの 高校生の交流団を

 迎え18日東京で、歓迎レセプションを開催。

  人民日報 日本版の、報道によると:(以下新聞記事より)

 「日中友好協会と日本国際協力センターは18日夜、中国の高校生代表団一行400人

  の友好交流訪日を迎えるレセプションを東京で開いた。新華社のウェブサイト

 「新華網」が伝えた。

    日中友好協会の村岡久平理事長があいさつし、日中両国は2000年以上の交流

 の歴史があり、現在、日中友好関係の発展は新時代を迎え、その関係発展は両国

  の青少年の交流と切り離せないものだと述べた。

   中国人高校生の代表・袁自煌さんは、「中日友好の使者として中国の高校生は

  日本を友好訪問し、日本の青少年と交流する。相互理解と友情を深め、中日友好

  に然るべき貢献をすることが目的」と語った。

    黒竜江、雲南、新疆など9つの省・自治区から集まった訪日代表団は、17日に

 日本へ到着した。中国人高校生代表団の訪日は今年になってから4組目。訪問日程

 は9日間で、北海道と青森、愛知、福岡の各県を回り、日本の高校や文化施設を

 見学、また、民家へのホームステイを通じて日本人の家庭生活を体験する。」

  「人民網日本語版」2007年9月19日

  この人たちが、今日函館入りします。

  今日は函館市 への表敬訪問、明日から各家庭でのホームスティを予定。
  私も明日、歓迎パーティでこの子達とお会いできるのを楽しみにしています。

  何よりも、こうして若者が、国外に出て見聞を広げれる機会がもてることは

  素晴らしいことと思います。

   

 

|

« 「我イ門イ両的旅遊・到西安」武藤 圭仔 | トップページ | 中日高校生交流の成功と発展を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・高校生訪問団 来函:

« 「我イ門イ両的旅遊・到西安」武藤 圭仔 | トップページ | 中日高校生交流の成功と発展を »