« 同学イ門!!九月イ分、四次都有課 | トップページ | 北海道知事 台湾観光客誘致 訪台 »

2007年9月 4日 (火)

北海道を訪れる、台湾旅行者の増加

  台湾からのお客様が増えているのは、聞いていた、

毎日の様に、私の住む街へも、台湾からのチャーター便が飛んできてるらしい。

ということは、それだけ、旅行客が来ているという事だろう。

 でも、誰もがそうなように普段の暮らしの中では、生活の場が別にそうした人たち

と触れ合うような場所におりませんので、実感としては、分からない。

 先日、道内の旅先で、泊まるところ泊まるところで、中国語聞こえてきて、なるほど

これは、凄い数の人が来ているんだと、旅先で実感。

 風呂は、中国語が飛び交い、食事の場でも、中国語。行く先々で、中国の人たちに

会う、勿論違う団体の違う人たちです。

 札幌で、駅前を歩いていたら、中国の人たちに出会うより、もっと驚かされたことが

あった。

 何の気なしに、函館駅前を歩いていて、信号待ちでフト、上を見上げたら、

向いの建物はデパート。壁には各種公告が。

 何の不思議も無い。よくある垂れ幕だ。何か催しの知らせだろうと、眺めてると、

 なんと、其処には、中国語が書かれてあった。

 内容は、「私どもデパートでも、(中国系クレジット)カードが使えるようになりました、

 どうぞ、お申し付け下さい」との内容。

 デパートの案内も、中国語になっているのに驚いたのと、お客の多くが中国からの

 お客であることを物語っている、この案内驚かされました。

  台湾や、韓国からのお客様の増加にともない、これまでのように英語一辺倒では

 対応しきれなくなったことから、泊まった宿にも、中国語表記の案内が有りましたし、

 デパート垂れ幕まで中国語になったいたのには、驚かされました。

  私の住む函館でも、そうした傾向に対応するために

Romann_hakosate  こんなパンフを造ってはおりますが、

 宣伝不足のせいか、知られてないようですし、

 内容が、英語・ハングル・中国語・日本語の

 多言語表記ですので、なかり中身は窮屈。

 函館のデパートでは、中国語の表記などまだ見てないとは思うが、

 それは、こちらがデパートに足を運ばないせいなのか?

 でも、沢山の人が来てるんでしょうから、もう少し準備はしたほうが

 好いのでは。

  

|

« 同学イ門!!九月イ分、四次都有課 | トップページ | 北海道知事 台湾観光客誘致 訪台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道を訪れる、台湾旅行者の増加:

« 同学イ門!!九月イ分、四次都有課 | トップページ | 北海道知事 台湾観光客誘致 訪台 »