« ウダツが上がらない亭主 について | トップページ | 中国ニセモノ騒動を 考える »

2007年5月21日 (月)

周 恩来 との 距離

 5月13日の講演会 、もうお一方の先生 秋岡 家榮 先生は

 文革期を中国で過ごし、ちょうど、この日のテーマ 日中国交正常化 の

 時にも、北京で新聞記者として活躍されていた方。

  先生の著書にもありますが、その当時、秋岡先生は

  周恩来と会っていますが、今いる政治家も含めて、周恩来と 近い距離で

 会えた人は、そう多くないです。

  直接話せる距離で、周恩来と話した、日本人は数えるほどしかおりません。

  周恩来が、国交回復に傾けた努力は、敬服に値します。

  もし、彼のようなすぐれた外交に長けた政治家が居らなければ今日の

  日中関係は全く違ったものになっていたでしょう。

   周恩来は古今世界の政治化の中でも、秀逸の一人です。

  

  秋岡先生はきっと、そういうお話も準備されて様ですが、残念ながら

  当日は時間が足りず、触れられませんでしたが、沢山おエピソード

  をお持ちの先生のお話を聞く機会がもてました、

   国交正常化35周年を記念しての最適のゲストをお迎えできて

  大変光栄な一日でした。

|

« ウダツが上がらない亭主 について | トップページ | 中国ニセモノ騒動を 考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周 恩来 との 距離:

« ウダツが上がらない亭主 について | トップページ | 中国ニセモノ騒動を 考える »