« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

本年度・函館日中友好協会総会、開催予定日

 早いもので、2月も今日で終わり、いよいよ年度末に入ります。

本年度の「第32回函館日中友好協会・総会」は、

 只今、3月25日(日曜日)の開催予定でスケジュールを調整

いたしております。

 会員の皆様には、何かとお忙しい時期とは思いますが、

25日、ご予定をあけていただいて、会議に参加して戴けますよう

お願いを申し上げます。

  会場はまだ未定です。

  特にご希望がおありの場合は、これから会場の予約に入ります

ので、お早めにご希望をお知らせ下さい。

  それでは、近くなりましたら郵送でお知らせいたしますので、

 どうぞよろしく。

                       2006nen6gatu_033_6         再会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

今年の中国中央電視台『春節聯歓晩会』どなたか貸して下さい。

 今年07年2月17日放送の、中国中央電視台の

年末特別番組、『春節聯歓晩会』どなたか、録画して

持ってませんか?

 貸して下さい。

 先日、私が録画したビデオテープをひとに貸したところ

爪をおってなかったので、録画部分をかなり削られて終い

ました。

 予備を取っておけばよかったのですが、ありません。

 すみません。どなたか、録画(ビデオ・DVD)等をお持ちの方

ご連絡下さい。

  お待ちしております。

  どうぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

今天是二月イ分的最后一次課、請看三月イ分的安排。

 今天的課、二月イ分最后一次課、

下次就三月了、時間過得太快了。

 三月イ分有四次星期一、但

我イ門的課、5号・12号・19号的三次、

26号放春暇、所以没課、請留心。

  剰下三次就本年度的課程結束了、

 覚得快不快。

  希望大家下年度再来上課。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

3月の、中国語教室予定開催日

 3月早いもので、もう一年が経とうとしていますが、

この一年教室に通われた、皆さん、ご苦労様でした、

そして、ありがとうございました。

 さて、最終月、3月は

 4回月曜がございますが、最後の月曜26日は授業が

ありません。ですので、3回

 5日、12日、19日の開催となります。

 19日をもちまして、今年度分の授業は終了となります。

 どうぞ、ご注意下さい。

  2006nen6gatu_011_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

干 先生、謝謝、寄給我的十七張照片都収到了

 謝謝、干 先生、特意来参加我イ門活動、

而収到了、照片。

 Dsc_0308  従東京跑来一趟、参加我イ門活動、

 幇忙我イ門、

 真感謝。

Dsc_0306 今年、先生那ル

 双喜来臨、

Dsc_0346   我イ門祝賀Ni!!

 下次有機会、再来函館玩ル、

           謝謝!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

感謝!「学友会」 的合作!!

 万分感謝、「学友会」的合作、

 托各位的幇助、才能万全順利結束了。

Dsc_0282  尤其是、田老師、

  謝謝!!

Dsc_0361  Ni太辛苦了、

 従早到下午一直

Dsc_0290  忙得要命、

  真是給Ni添了許多麻煩、

Dsc_0303  当然、同時感謝其他的学生イ門、

  向大家表示由衷的謝意。

Dsc_0318  過得十分愉快。

  我代表協会向大家致謝。

Dsc_0333

  盼望着重逢的時刻早日到来。

                    謝謝!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

向留学生イ門表示衷心的感謝!!

 這次当「春節聯歓会」的時候、在大家百忙之中来幇助我イ門

 此処表示衷心的謝意!!

 過些日子我将再写信問候。   特先奉這ル到謝。

   請Ni向府上各位転到我イ門的謝意。

2006nen6gatu_038_2          

2006nen6gatu_037_1 2006nen6gatu_019_2    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

中国のお正月を祝う会「春節の会」への多数の方の参加ありがとうございあました。

 18日(日曜日)開催されました「春節の会」に多数の方の参加を戴きました。

            2006nen6gatu_015_1 こころより、お礼を申し上げます。

 ありがとうございました。

 今年は、私ども函館日中友好協会と、

2006nen6gatu_016_1  在函の中国人留学生で組織されています学友会との

 共同開催となりました。

 初めての試みでしたが、皆様のご協力の下、

2006nen6gatu_018_2  大変盛況のうちに終えることができました。

  今年の会場は、多少手狭で心配しておりましたが

 やはり、一番のお昼時には会場一杯の人で、

2006nen6gatu_021_1  歩くところもないくらいでしたが、その分親しく

 お話しできたのではないかと思います。

  ご不便をお掛けし申し訳ございません。

2006nen6gatu_023_2   また、毎年放映しておりました、中国年末の

 特別番組、中国電視台の「春節聯歓会」の

 映写もスペースの関係でできませんでした。

2006nen6gatu_025_1  楽しみにされておられた方もおありのようですが

 残念ながらそういう事情でした。

  来年は更に、事前に学友会との連絡を緊密にし

2006nen6gatu_024_1  何か楽しい催しなり、事前に中国留学生の作る

 中国料理なりを準備したいと考えております。

 皆さんに何かアイディアか、ご意見ご要望がござい

2006nen6gatu_026_1  ましたなら、どうぞお知らせ下さい。

  参加いただきました、すべての皆さんに

  ご協力いただいた、皆さんに

2006nen6gatu_027_2   お手伝いいただいた、留学生の皆さんに

  ここに重ねて、お礼を申し上げます。

  ありがとうございました。

                       謝謝!!

2006nen6gatu_028_1   協会は今後ともこのような交流の活動を

 続けてまいります。

   どうぞ、次の機会にはご一緒に参加下さい。

2006nen6gatu_031_1   ご参加をこころより、お待ち申し上げております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

向大家、拝年了!!

 新年好!!

  新的一年、又来了、

  新的一年里、

  祝大家 万事如意、

       全家幸福!!

2006nen6gatu_010_1

 

函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

回家過年  一年又一年  春節聯歓晩会

 今日の中国のテレビ特別番組、「一年又一年」「春節聯歓晩会」

は一体、何億人の人が、それぞれ家へ帰って見るのでしょうか。

 NHKが聞いたらさぞや羨ましいことでしょう。嘗てNHK大晦日の

「紅白歌合戦」もそうでしたが、これを見て一年の締めくくりという人

が多いですからね。

 昨日、今日あたりから、中国のテレビも正月ムードがかなり出て

きて、コマーシャルがお正月用に撮った特別版になってきたました。

 これだけでも見ていて面白いのですが。

 何といっても、長い長い「春節聯歓晩会」は正月気分満載です。

  昨年の話題は、何といっても、身障者である聾唖者の女の子達

の先手観音舞踏が話題をさらってましたが、果たして今年はどんな

のが飛び出すやら。

 歌や踊りよりも、合間のコントや漫才が楽しみ。

 家へ帰り 年越しをして (回家過年 フィ・ジャ・グォ・ニェン)

 家族みんなで無事に集まって食事ができるとうのは

 それだけで、ホントなによりなんです。

   どうぞ、皆さんもよいお年を!

  祝 全家幸福、!

    身体健康、!!

    万事如意 !!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

いよいよ 年越し、夜通しなる 爆竹の音

 いよいよ、年越し 過年 グォ・ニェン です。

禁止されていた、爆竹も、再び許可。なんせこれが無いと年が明けて

気がしない、というのは、分かるような分からんような。

 交通・運輸部門は一年で一番の忙しい時期。

 そん中、人に弱みに付け込んで、ちゃっかり、列車の切符を買い占めて

高く売りつける、所謂ダフ屋さんが横行。

 昨日の、中国電視台の番組でも、取り上げられたましたが、ダフ屋に

さらに悪辣な、ニセ切符売りまで現れ、ただでさえ忙しいこの時期、

取り締まりに懸命の公安。

 かなりニセ切符を掴まされる人もいるようで、それでも帰りたい我が家

増発しても増発しても足りない、人民の大移動です。

 家へ帰って、やることは、家族みんなで見る、「春節聯歓会」中央電視台

特別番組(日本の紅白歌合戦にあたる、オールスター総出演番組)と、

年明けに鳴らす、爆竹。これまた、半端な量じゃありません。

 年越し前に、まだ早いだろう、というころから、パラパラとアチコチで

鳴り出しと思っていると、新年を迎えるカウントダウンとともに、けたたましい

勢いで鳴り出すと、それは、明け方まで止まりません。

 独りで買う、爆竹の量も相当のものと見えて、それぞれが山のように買った

やつを次々と鳴らしては嬌声を上げます。

 振り回したりするものですから、怪我人がでます。それに対応した救急車の

サイレンがけたたましく鳴り、おまわりさんも出動。パトカーのサイレン。

 火を扱いますから、ひょっとすると、消防車も出動。

 それでも止まずに鳴り続ける、爆竹。

 これを賑やか、というかどうかは疑問がありますが、喧騒。

 静かに迎える日本のお正月とは、まるで違うお正月がやってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

中国・新春を祝う  対聯 ドゥイ・リェン

 普通は、対になっていることから、対聯ドゥイ・リェン とよばれ

お正月用は特に、春聯 ツゥン・リェン と呼ばれたりもしますが、

各家庭の玄関の門柱に、紅い紙に、黒い字で、縁起の好い言葉

を書いて張り出します。

 街で買えますが、自分で書いて貼る人もいます。

 我が家を守るため、門に神様を張り出し、邪気を追い払います。

 赤い提灯も掲げお祝い気分を盛り上げます。

 また、「福」という字を、わざと逆さに飾り、倒(逆さ・顚倒)ダォが

「福」が到ダォ(到来)やってくるにかかります。

 対聯は 左右で 一対の ものです。以下 お目出度いのを

並べておきますが、この手のものは訳してもそう意味なく、とにかく

目出度いの第一で、字面や、音も、重視します。

    一片春色      四方吉祥

    八方錦銹      万里春眸

    迎春接福      除旧布新

    春安夏泰      秋吉冬祥

    爆竹一声除旧   桃符万象更新

    春風吹大地    紅日照中華

    春風春雨春色   新年新歳新景

   

  長いのさらにかなり長いのがあるのですが、

 これくらいにして、上の対聯 さて、いくつ

 中国語読みできますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

 中国お正月の 食べ物

 いよいよ近づいてきました、お正月「春節」(18日)。

 そこで、だんだん中国でも無くなりつつある中国の週間の中で、今日は食べ物の話を。

 お正月に一家が集まり、その前の日、除夕の夜は、一家全員が同じテーブルを囲んで

の食事となります。この夜の食事は「年夜飯ニェン・イェ・ファン」を、食べますが、この夜

の食事を皆集まることから「団円飯 トゥアン・ユァン・ファン」と呼びます。

 でこの「年夜飯」は力が入ってますから、それはかなり豪華。私がお呼ばれで、行った

お宅では、まずは必ず欠かさずでるのが「魚」これは中国語を習った方ならすぐ分かる

魚のユゥの発音が、余裕の音に近いので「年年有余(年々余裕が出てよくなる)」の

縁起をかついでの魚料理。

 勿論料理の方法は各地でまちまちだし、得手不得手や、その魚にあった調理法も

あって、いろいろですが。

 つぎに「年糕 ニェン・ガォ」(お餅)も必ずでます。こちらも発音からくる縁起かつぎ

でして、「年年高(年々高上)」の高ガォ の音がこの糕ガォ とかかっています。

 この手の発音(音)での洒落落ちが多く、日本の目出度いの 鯛 と、喜ぶの 昆布

のような遊びが多いのはどの国も同じと言えます。

 食後の果物も、その手でして、 リンゴ は ピン・グォ の音から 平安 ピン・アン

に係り、ナツメは 中国語での 棗ザァオ が 早 ザァオ と同音で 春が早く来ない

かなあ~という期待、 落花生は 一名 長生果 チャン・ション・グォ とも呼ばれ、

この字からお分かりのように、 長生きに係っています。

 そして、なぜ ギョウザなのか、というご質問を受けますが、

 ギョウザは、音と形に意味があり先ず形が、古代中国の貨幣が 丁度ギョウザの

ような形大きさでした。そこで、お目出度いこの日にギョウザを食べます。

 さらに この 餃子の中国語はご存知のように ジャオ・ズとなりますが、中国で

真夜中のことを 子(ね)の刻と言いますね、真夜中零時を 子夜ズゥ・イェ と

いいます。で、この新旧の年が丁度交代する、この交代の 交の 音がジャオ

でして、餃子ジャオ・ズ と 交子 ジャオ・ズの 音が重なります。

 つまり、 餃子を食べることで、年を越す(交子)となるわけであります。

  皆で餃子を包む時、その餡の中に、硬貨やそのほか何か目印になるものを

炒れ、それを皆で食べた時、それに当たった人こそ、その年の幸運が訪れる、

という趣向もよくやります。

 どうぞ、よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

 中国のお正月

 そろそろ、中国はお正月を迎える準備で慌しくなってきました。

この辺りから中国の正月15日に元宵節までの間が、それは、もう

中国は賑やか。以外に知られていないので、紹介しておきましょう。

 「23日(勿論中国の暦、農歴12月23日)はカマド関、カマド王爺を

祭って天に送る」という歌で伝えられる信仰があります。

 うまち玉皇大帝が各家庭のカマドの神として派遣し、人々から家庭を

守る神様として信じられているカマド王爺(民間の家では、どこでも古くは

カマドがあり、そのカマドの上にカマド王爺神が祭られている、ところに

よっては、カマド王婆神の女性の神も祭られている)が、伝説によると

毎年23日に天に昇って、玉皇大帝(道教における天の神様)にその

一家の一年の善行と悪行を報告するのだというl。

 「上天言好事、下界保平安(天上で良い報告をしてくれれば、下界

では平安が保たれる)」といって、

  カマド王爺にわざと硬くて粘り気のあるアメをお供えする。

  そうしておけば、カマド王爺は天に昇って玉皇大帝に謁見しても

そのとき口の中にアメが入ってれば自由に口がきけないので、我が家の

悪口など言われずにすむので、アメを供える。

 それで、それ以降はそれぞれやることがちゃんと決まっていて忙しい。

 24日は大掃除、   25日は豆腐を作り   26日は肉を煮詰める

 27日は鶏を絞め   28日は饅頭を発酵させ 29日は酒を買いに行く

 30日は一緒に過ごす 農暦の大晦日、除夜の夜はみんな家に帰り

 一緒に家族で過ごす、、この日は徹夜、

  そして、ギョウザをつくりながらの夜は家族団欒

  新年1日は お互い挨拶、

  勿論、お年玉のあるんですよ。

  それで、この大晦日に向けて、それぞれ普段ばらばらの

家族が集まるため、民族の大移動が始まるわけです。

 これが想像以上に大変で、今週は正にそうした移動の日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

07年 春節の会 

2月18日 春節の会のご案内はすでに、何度かさせていただきました。

その準備に学友会の皆さんともども、取り組んでおります。

 今年の会場は、昨年同様 青年センターですが、残念なことに、

昨年お借りした2階の大きな会議室が他の会で使用とのことで、

今年は同じ2階ですが、奥の方の比較的小さな部屋をお借りしております、

ですので、昨年のような広いスペースがとれません。その分、こじんまりと

テーブルも近く、お話しにはいいようです。

 そこで、昨年はマリンバの会の方の生演奏を聞くことが出来、今年も

何か会場での催しをと企画しておりますが、例年放映しておりました、

中国中央電視台の大晦日番組「春節聯歓会」のビデオ放映は、スペース

の加減もあって、断念いたしました。

 どうぞ、悪しからず。楽しみにしていた留学生の皆さん、別に機会に。

 何か中国留学生・学友会で、中国を簡単に紹介できる企画を思案中です。

 また、ギョウザのほかに、当日中国料理を披露していただけるそうです。

 参加者の方で何かアイディアがございましたら、当日までに間に合えば、

用意させていただきます。

 場所をとらないものをお願い致します。

 また、おいでになって、座ってギョーザを食べる分のスペースは十分に

ございますので、その点はどうぞ、ご心配なく。

 ただ、会場テーブルのほかに、運ぶ通路の確保、持ち物の置き場等等

をとりますと、演題や、ステージをとるスペースまではございませんので、

その点をお含み置きください。

 どうぞ、よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

東京・代々木に 日中友好医院 が出来た。

東京・代々木に開院した「日中友好医院」は、

内科、健康診断を中心に、日本語で意思疎通が困難な留学生や、研究生、華僑に

対し中国語で診療を行うことが出来る病院。

 首都圏で外国人登録している中国人は約15万人で東京に集中しているが、中国語

が使える病院がほとんどないことから、通院せず症状を悪化させる人も多かった。

今回の開院が、病気になったときの不安解消に大きな力を発揮しそうだ。

 この病院は、NPO日中医学交流センターと医療法人財団エム・アイ・ユーが共同

で設立、駐日中国大使館、中国衛生省、中日友好医院、(社)日中友好協会など

関係各機関・団体が協力し開設にこぎつけた。

          【日中友好協会機関紙・日本と中国】より、

 東京に漸く出来たくらいですから、地方はまだまだ。ですが、病気というやつは

地方だからならない、というわけではありませんので、地方でも、病院をもつのは

無理にしても、中国語で病院にかかれる体制作りがいそがれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

12日(月曜)の協会・中国語教室は休まず開講

 先にもお知らせしてございますが、12日(月曜日)は、

建国記念日振り替え休日となっておりますが、協会中国語教室

は休まずに、授業がありますので、お間違えのないように、

お願い致します。

 今月は、全ての月曜授業がございますので、どうぞ、よろしく。

2006nen6gatu_033_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

会員の皆さん!「函館日中だより」07年1月号発送したしました。

  函館日中友好協会の会員の皆さん!!

 『函館日中だより』07年1月号発送致しました。

  お手元に届くまでいま少しお待ちください。

  今年も、春節が近づき、春節の会を予定

 しております。

  それまでの、経過と、準備会その他のご案内

 が記されております。

  どうぞ、よろしくお願い致します。

  学友会からの参加もすでに呼びかけております。

  事前準備会へのご出席もお願い致します。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »