« 「日本・中国青年親善交流事業」のお申し込み締め切りました | トップページ | 「隗」ホームページ、11号「私の見た中国」更新しました。 »

2006年11月10日 (金)

丁 雲 著 『無望的都市』 を読む。

 講演会を聞きに行って、講演のあと、著者と少しお話しする機会が

ありました。著者ご本人から、一冊ご自分の本をいただきました。

 Wuwang_dushi 『無望的都市』

 この作品、著者の比較的最近の作品で、

10章で組み上げられていますが、それぞれが

ひとつひとつの物語としても成立しています。

  いろんな人物を描いてますが、当り前ですが

 それらは、皆彼の眼を通した、彼の周囲の人々。

  やはり、言語環境が複雑だと、人も生活もちょっと複雑の

 ようです。

  一気に読めました。翻訳本があるのかどうか分かりません。

 中国語版によろしければお貸しします。

  彼の作品に「一無所有」というのが有るらしいのですが、

 それを読んでみたいと、思いました。

|

« 「日本・中国青年親善交流事業」のお申し込み締め切りました | トップページ | 「隗」ホームページ、11号「私の見た中国」更新しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丁 雲 著 『無望的都市』 を読む。:

« 「日本・中国青年親善交流事業」のお申し込み締め切りました | トップページ | 「隗」ホームページ、11号「私の見た中国」更新しました。 »