« 祝賀成立函館地区中国人員友好聯誼会 | トップページ | 函館地区中国人留学生 »

2006年8月15日 (火)

8月15日首相靖国参拝の問題で

 今朝、小泉首相が靖国神社を参拝、それを受けの各社の報道、

函館日中友好協会としての見解を、マスコミ数社からインタビューを

受けておりますが、日中友好協会としての基本的な意見は

 ここ数年再三にわたり、表明されております。近くは

6月16日付け「小泉首相への靖国神社参拝中止を求める要望書」

社団法人日中友好協会第13回通常総会名の書簡提出、

8月機関紙『日本と中国』第1940号での「広がる首相靖国参拝

・反対・の声」の記事にもありますので、そちらをご覧下さい。

 函館日中友好協会を代表してとの取材に対しほぼ同じことを

各社に申し上げておりますが、以下その要点を記しておきます。

 一、わたしは中国が韓国がどうこうと、言う前に、首相として靖国

 に限らずこうした場所に首相が行くのは、政教分離の点に触れます

 ので、行くべきではないと考えています。

   ですから、マスコミが散散言っている、A級戦犯がどうのとか、

 その中身をごちゃごちゃ言ってるのは問題を見えなくしているだけです。

 二、一国の首相がその国を代表して、諸外国とお付き合いする場合、

 小泉さんのようにアメリカに向けている顔をアジアに向けている顔が

 余りにも違うのは、相手に失礼です。どの国にも過不足なく振舞うのが

 リーダーとしての責務と思います。

 三、靖国に行くのは、政治家としての仕事でもナンでもありません、

 彼は”公約”?といってますが、それも総裁選という自分たちの仲間に

 向けての約束を果たすべく、政治日程としていますが、首相のお仕事では

 ありません。

 四、以上のような点から、最近の首相の行動はどうも子供っぽいところが

 ばかりが目立ち、一国のリーダーとしては、その素質を疑わざるを得ません。

  それでも、高い支持率を獲得しているということは、日本人が今、とても

 子供っぽくなってきているということかもしれません。

   ”公約”を果たした、と言いながら、”個人”として行ったんだ、と、

   ”心の問題”だと言いながら、一番形にこだわっていのが本人、

   ”いっつも批判を受ける”、嫌いなんだ批判されるのは、批判はするけど、

   自分はあと数日しかないから、やりたいことをやっておこう、あとはシラン!

    これって、子供のレベルの考え。

  行きたい所へ行って何が悪い、批判をするのは可笑しい、

   そんな子供みたいな首相が人気のある日本と言う国が変わってる。

   今日あの時間の警備だけで一体どれくらい警備費がかかってるの?

   マスコミは面白そうに飛行機まで飛ばして一挙手一投足を報じようと

  懸命。これって、別に首相が仕事してるのでもなんでもないのに。

   本人は本当にアレで満足しているのでしょうか。

   国民もアレが日本の首相として、胸をはれるのでしょうか。

 もう少し大人にならないと、日本は世界からますます子供扱いされます。

  

  

|

« 祝賀成立函館地区中国人員友好聯誼会 | トップページ | 函館地区中国人留学生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日首相靖国参拝の問題で:

» 終戦記念日『今日は適切な日』小泉首相が靖国参拝 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「終戦記念日『今日は適切な日』小泉首相が靖国参拝」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 18時58分

« 祝賀成立函館地区中国人員友好聯誼会 | トップページ | 函館地区中国人留学生 »